前へ
次へ

不動産登記の調査費用の目安

不動産登記の手続きを行う時には、調査も行われます。
そもそも登記の手続きを進めるにしても、物件の状況を明確にしておく必要があります。
物件の保有者だけでなく、建物の面積も明らかにしなければなりません。
また物件の構造も、できる限り確認しておく必要があります。
ただ、それらの情報を自力で確認するのは、少々困難です。
面積や構造にしても、かなり細かな点まで確認しなければなりません。
それだけに登記に関する調査を行う時には、まとまった費用もかかります。
不動産物件の状況は、やはり専門家に確認してもらう必要があります。
専門家が現地の状況を確認しない事には、細かな情報を特定するのも困難です。
自力で手続きを進めるのは、かなりハードルは高いです。
専門家に依頼する以上、費用もかかります。

ウォッシュレットの水漏れ工事
トイレの困ったをウォーターソニックが解決します

すぐにお湯が出て欲しい
旭区の給湯器交換業者「ウォーターソニック」が実現します

住みたいを叶える西甲府住宅
山梨県での土地のことは当社にお任せください

東京で事務所を持ちたい
レンタル専門プレハブネットにお問い合わせください

一時的な荷物預かり所
東京ハウジングがお届けするプレハブ倉庫をぜひお使いください

具体的には、土地家屋の調査士という職業の方に、物件の状況を確認してもらう事になります。
基本的には、物件に対する訪問調査が行われると見て良いでしょう。
まずは現場の状況を目視確認しない事には、細かな状況も分からないからです。
訪問調査自体の費用は、おおむね3万円前後ではあります。
しかし細かな数字を確認する為には、やはり測量も行わなければなりません。
現地で細かな数字を計測する為の費用も、おおむね10万円ぐらいかかります。
また不動産登記は、もちろん数字も全て記録する必要があります。
データの記録が必要である以上は、書類も発行しなければなりません。
ですから専門家に書類を作成してもらう事になりますが、その費用も数万円ぐらいかかる傾向があります。
ただ、それも物件の状況次第です。
2万円ぐらいで収まるケースもあれば、状況によっては5万円ぐらいになる事もあります。
ですから不動産登記の調査は、色々と費用はかかります。
上記の料金を合算しますと、大ざっぱには45万円ぐらいかかる傾向があります。
もっとも、それも物件の状況次第です。
それぞれ建物の広さも異なりますし、60万円ぐらいになる事もあります。
その逆に30万円ぐらいで収まることもありますし、それこそ状況次第です。

Page Top